呪術廻戦

呪術廻戦164話ネタバレ最新確定と感想は?日車の誅伏賜死と領域展開!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月8日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦164話「東京第1結界④」が掲載されます。

163話では、騙されていた伏黒と違い、虎杖は池袋で日車寛見本人と出会うことが出来ました。

よく分からない行動をとっている日車に対し、単刀直入に死滅回遊のルールを変更して欲しいと頼む虎杖でしたが、日車はそれを拒否し臨戦態勢に入りました。

それでは、この記事では、呪術廻戦164話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼

呪術廻戦164話ネタバレ最新確定「東京第1結界④」

日車は後ろに呪霊のようなものを出現させました。

日車がどのような攻撃をしてくるか分からない以上、虎杖はとにかく構えて対応出来るようにします。

その時、日車は「誅伏賜死」と領域展開をしました。

日車と呪霊を囲むように法廷が現れ、日車は槌を鳴らします。

ここで術式を発動されては危険であるため、虎杖は構えることを止めて先に攻撃に出ましたが、虎杖の蹴りが突如止められてしまいます。

この領域内では暴力禁止の縛りがあるようです。

しかし言葉の暴力はOKと言い、日車はジャッジマンと呼んだ呪霊に合図をします。

呪霊が突如話し始めました。内容は虎杖が18歳未満であるにも関わらずパチンコ店に入店した経験があることについて。

突然の事ですが記憶にある虎杖は言い訳をしようとしますが何も言葉が出てきません。

日車はこの領域内で行われることの説明を始めました。

この領域内は法廷です。ジャッジマンは全てを知っていますが、それはお互いが分かることではなくお互いは証拠と言い分を主張する本当の裁判を行います。

そして無罪を勝ち取らなくてはならないのです。

虎杖は日車が現代人であるものの、過去の術式を付与された人間であることを悟ります。

日車は、昔は必中のみの領域展開が主流で普通に使われていたと言います。日車の使った領域も必中だけの領域であり、いくつかのルールがあるようです。

この裁判における陳述はお互いに1度きり。それを踏まえでジャッジマンが判決を出します。

虎杖は有罪になった時のことを聞きますが、これには答えてもらえませんでした。

代わりに日車は黙認。自白、虚偽有りの否認の権利が虎杖にはあると言います。

陳述を急かされた虎杖は、日車の持つ証拠について早急に考えを巡らせました。そして、トイレ目的で入店したと答えました。

その陳述を受け、日車は証拠を広げます。そこには虎杖がトイレ目的でないことが分かる防犯カメラ映像が入っていました。

この際トイレが目的だろうがそうでなかろうが風営法に違反する建造物侵入罪に当たるようですがあくまで判決を下すのはジャッジマンです。

虎杖に有罪の判決が下されました。

ここで領域が解けましたが虎杖に変化は見られません。

しかし、日車との直接対決になり虎杖は呪力が寝られなくなったことに気がつきます。

呪術廻戦164話感想

日車の術式は中々面白いものでした。あくまでも裁判は裁判であり、日車に有利に働くものではありません。

これも日車の性格が関係しているのでしょうか。

今回の場合相手は虎杖でしたが、日車が担当した裁判で領域展開がされていたとしたら、どんな結果だったのかが気になります。

この領域の結果で負けた方が皆殺しになるとかではないので、何らかの罰は受けたものの全員無事だと予想していますが、虎杖との戦いのなかでそこも明らかになると予想します。

呪術廻戦165話考察予想

呪力が没収されてしまった虎杖。

消滅などではなく没収と言われたことからこの戦いに勝つことで呪力が戻ってくると考えるのが妥当です。

絶対に勝たなくてはなりません。呪力がなくても元々の体がとても頑丈な虎杖は日車の攻撃に耐えることが出来ました。

しかし、日車の使う厄介な木槌を前に、ずっと耐えられるかは分かりません。

ここに来てくれるとしたら伏黒のみですが、伏黒も現在交戦中であることを考えると、やはり虎杖が1人でケリをつけなければなりません。

▷呪術廻戦165話へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦164話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。