呪術廻戦

呪術廻戦166話ネタバレ最新確定と感想は?日車の木槌が処刑人の剣に!?

こんにちは。ひらりです。

2021年11月22日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦166話「東京第1結界⑥」が掲載されました。

前話の165話では、日車の領域内で行われた裁判により呪力を没収されてしまった虎杖でしたが、裁判のやり直しをすることで取り返すことが可能であることに気がつきました。

しかしやり直しにも失敗し有罪判決を受けた虎杖に死刑が言い渡されてしまいます。

それでは、この記事では、呪術廻戦166話のネタバレ確定と感想についてまとめました。ぜひ最後までお付き合いくださればと嬉しいです。

呪術廻戦166話ネタバレ最新確定「東京第1結界⑥」

虎杖が死刑判決を受けた次の瞬間、日車が持っている木槌が剣に形を変えました。

処刑人の剣と呼ばれるこの剣で斬られてしまえば、確実に死んでしまいます。

弱い者に寄り添い、弱い者を理解しようとしてきた日車は、その結果人を醜いと思うようになっていました。その感情がここで爆発します。

日車は虎杖に向かって自分の思いを叫びました。

虎杖はこの時部屋の奥に向かって走り、積み上げてあった椅子を日車に向けて投げつけます。

椅子で日車の視界を奪うと上着を脱いで空中に残し、自分は日車の後ろに回り込みました。

虎杖は日車に殴りかかり、避けられると今度は足元めがけて蹴りを入れようとしますがこれも避けられてしまいました。

日車は向かってくる虎杖を見てどうしても理解できないことがありました。それは虎杖が罪を認めたことです。

証拠を渡されていた日車は、殺害が宿儺によるものであり虎杖がやっていないことを知っていたのです。

日車はこの状況でぐっと目を閉じてしまいました。そして剣が消えます。

虎杖の拳は日車に直撃し、日車が並べられた座席の中に突っ込みました。

日車が最後抵抗しなかったことに違和感を持った虎杖がその事について問おうとした時、日車は虎杖が無罪だと言いました。

そう言われても虎杖は自分の弱さが招いたのだと答えます。

虎杖と向き合うことで初心に戻ったと言う日車は、虎杖に100点を渡すことを決めると虎杖に自分の意志で殺しをしたことがあるかと聞きます。

虎杖の返事を聞いた日車の頭にも人を殺した時の記憶が浮かんでいました。

呪術廻戦166話感想

日車は実はいい奴だった、ということですね。自分の口でも向かって来た奴を返り討ちにしていたと話していたため、自分の意思で楽しんで人を殺している鹿紫雲とは違うはず。

それでも過去に自分の意志で殺しをしたこともあるようで、その時のことはしっかりと胸に刻み込まれています。

忘れていないことが、日車が根はいい奴という言を示しています。処刑人の剣が出て来た時は驚きました。

しかしこれが味方につけば、本当に有利になるとも感じました。

呪術廻戦167話考察予想

日車が100点をくれたためこれでまずはミッション完了となります。

しかし何をするかを決めていた虎杖たちですが、虎杖1人でちゃんと出来るか分からないためやはり日車と一緒に伏黒の元へ向うことになるでしょう。

次回は日車の過去に何があったのかが描かれると共に、ラストで伏黒サイドの話に変わります。

伏黒はレジィと麗美の相手をしているはずですが、勝利した虎杖とは対照的にボロボロになっているような気がします。虎杖は間に合うのでしょうか。

▷呪術廻戦167話へ

まとめ

この記事では、呪術廻戦166話のネタバレ確定と感想についてまとめました。

ここまでご覧くださりありがとうございます。ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。