呪術廻戦

呪術廻戦166話ネタバレ考察予想は?深刻な事態!虎杖に死刑判決!

こんにちは。ひらりです。

2021年11月22日発売の週刊少年ジャンプに、呪術廻戦166話が掲載されます。

前話の165話では、呪力を失ったまま日車と戦う虎杖でしたが、日車も虎杖の異常さに気がつき本気を出してきました。

このままではまずいと考えた末虎杖は裁判のやり直しを請求しますが、今度は没収に加えて死刑の2つを罰として与えられてしまいます。

それでは、この記事では、呪術廻戦166話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

呪術廻戦166話ネタバレ考察予想「深刻な事態!虎杖に死刑判決!」

虎杖は裁判のやり直しをすれば奪われた呪力を取り戻せると考えたようですが甘かったです。

確かに、いい線を行っていたのですが虎杖にとって最悪の罪が天秤にかけられてしまったのです。

宿儺がやったこととはいえ、虎杖自身ちゃんとその罪を背負って生きることを決めているため正直に罪を認めましたが、それが減刑の理由にはならず判決は最悪の結果になりました。

呪力もまた没収になったようですし、虎杖にとっては1回目の判決よりも深刻な事態をもたらすことになったと言えます。

呪術廻戦166話ネタバレ考察予想「死刑の方法」

1回目の結果呪力を奪われた虎杖に2回目は死刑判決が出されました。

裁判にしても呪力を奪うにしてもジャッジマンが行っており、日車がどうこうできることではないようなので死刑についてもジャッジマンが執行しにくるのではないかと予想しています。

呪力なしで虎杖が殴っても一切効かないと思われるので大ピンチです。

しかしジャッジマン本人は裁判官の立ち位置であるため執行人ではない可能性もあります。

日車もジャッジマンの執行人ではありませんが、この場合日車にジャッジマンが呪力か術式を新たに付与して執行人を任せるということもあり得ます。

結局は日車との戦いになるのでしょうか。

呪術廻戦166話ネタバレ考察予想「3回目の裁判」

虎杖も知識があるようでもう1回だけ裁判をやり直せることに気づいているはずです。

呪力を取り戻すためにやった裁判でしくじってしまったため、今度こそという気持ちで最後のやり直しを希望します。

1回目と2回目が別の罪に関して追及されたことから3回目も別物であると考えると、2回目以上に酷いものはこないはず。

3回目で一発逆転を狙います。虎杖が勝訴した場合、敗訴した日車に何かペナルティがあるのか気になるところです。

まとめ

この記事では、呪術廻戦166話のネタバレ考察・展開予想についてまとめました。

確定は発売後に追記します。ここまでご覧くださりありがとうございます。

ぜひ漫画をチェックしてみてくださいね。

▼簡単!お得!「まんが王国」▼

まんが王国がおすすめな理由

月額課金制だと解約するのをうっかり忘れて利用しないまま数ヶ月・・・そんなことはありませんか?

\そんな不安から解消!/

毎日最大50%オフでお得!無料漫画・電子コミックが3000作品以上!

1冊丸ごと無料期間限定無料漫画、完結作品から新刊まで多数配信されているから断然お得!

▼3000冊以上無料で読める▼