呪術廻戦

呪術廻戦【73話】最新話ネタバレ確定&感想!懐玉-玖-|74話を考察

こんにちは。2019年9月2日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。呪術廻戦【第73話】「懐玉ー玖ー」を読みましたのでご紹介します。

前話をご覧になっていない方やもういちど振り返りたい方はこちらからお願いします↓

漫画!最新話ネタバレ
呪術廻戦【72話懐玉-捌-】最新話ネタバレ感想|73話を考察!こんにちは。2019年8月26日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。呪術廻戦【第72話】「懐玉ー捌ー」を読みましたのでご紹介し...

72話では、五条を倒した伏黒の父が薨星宮の中へと入ってきて天内の頭を撃ってしまいました。

どうして伏黒の父がこの場所まで来たのかわからない夏油でしたが、五条を殺したと言う言葉を聞き、呪霊を出して伏黒の父をこの場で殺そうとします。

➡「呪術廻戦」の最新刊を無料で読む

呪術廻戦【73話】最新話ネタバレあらすじ

薨星宮と忌庫は隠す結界であるため、扉の位置さえ分かれば簡単に入って来られます。

術師が忙しくなる今の時期に加えて、高専には伏黒のせいで蠅頭が溢れておりちょっとした騒ぎになっているため、呪力の無い伏黒の父は透明人間のようにここまで入って来られました。

問題があるとすれば呪具を持てばその呪力でばれてしまうということ、と伏黒の父がまだ話していますが、夏油は龍のような呪霊を伏黒の父に向けます。

銃で応戦する伏黒の父に龍は当たっていきますが、伏黒の父はいつの間にか避けています。

話を続ける伏黒の父は自分の呪霊の話を始めます。

物を格納できる呪霊に、呪霊自身の体も格納させて小さな玉にして、それを伏黒は自分の体内に入れているのです。そうすることで、呪霊の呪力も周りには伝わらないのです。

呪力をうまく隠しているから、伏黒の父は結界の中へ入ったり、五条を奇襲できたのです。

話続ける伏黒の父を黙らせ、夏油は1番気になっている扉がなぜわかったのかについて聞きます。

毛ほども残穢を残さなかったはずの夏油ですが、伏黒の父は底上げされた五感で臭いや足跡を追って来たのです。

ここに来る途中、黒井も殺したという伏黒の父に、夏油は冷たい怒りを露わにして、呪霊での攻撃を仕掛けます。

夏油の手持ちの呪霊で最高硬度の虹龍ですが、伏黒の父は龍を切り裂いてしまいます。今度は仮想怨霊。

口裂け女のような呪霊が伏黒の父を襲いますが、伏黒の父はこれもあっさり回避。そこに夏油が直接行きます。

階級が高い夏油は、伏黒の父の連れる格納ができる呪霊を取り込もうとします。

上手くいくはず、しかし何故か夏油は弾かれ、出していた呪霊ともども切り裂かれてしまいました。

死なない程度ではあるものの、切られさらに蹴りを受けた夏油は気を失ってしまいました。

呪術も使えない自分に負けたということを忘れるなと言う伏黒の父ですがその時、倒れている誰かの手がピクリと動きました。

呪術廻戦【73話】の感想

感情的に怒るわけではないですが、静かに強い怒りを露わにする夏油は今回最初から最後までかっこよかったです。

だからこそ負けて欲しくなかったなと思います。でも、伏黒の父のあのうざい感じも好きだなーと感じています。

人を小ばかにしている感じと、生身であれだけの強さを持っている感じがかっこいいです。敵を応援するか、味方を応援するか・・・。とても悩ましいところです。しかし、やっぱり五条や夏油達に生きていて欲しいです。

呪術廻戦【74話】を考察

ピクリと動いたあの手。男性の手だったので夏油か五条です。予想としては五条だと思います。今から伏黒の父が薨星宮を出ていくと思うので、その途中で、五条と伏黒の父が対峙するのではないでしょうか。

今度は負けないと、伏黒の父をどんどん追い詰めていく途中で夏油も目覚めるという展開に期待したいところです。

もし、夏油や天内が倒れているのを見たら五条はぶちぎれるでしょう。その姿も見せて欲しいですが、落ち着いていないと伏黒の父には勝てないと思います。

漫画最新話ネタバレ
呪術廻戦【74話】最新話ネタバレ感想!懐玉-拾-|75話を考察こんにちは。2019年9月9日発売の週刊少年ジャンプをいち早く入手しました。呪術廻戦【第74話】「懐玉ー拾ー」を読みましたのでご紹介しま...